アニメ好記 Deux

アニメに関するコメント記述など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロスF #16

希望 陰謀 辛抱
マクロスF(フロンティア)
#16 ランカ・アタック

脇役のことなどは放置気味で坦々と本筋が進行。大味な戦闘の回。

S.M.Sオーナーリチャード・ビルラーはアルトにを語る。
僕はねぇ、断層でへだれられた銀河をひとつにしたいんだよ。
軍事産業は儲からないのか、交通産業に進出するつもり?
可能なんだよ。僕ら、プロトカルチャーの子供達にもたらされた福音、バジュラのおかげでね。
バジュラ空母が断層の影響を受けずにフォールドできるから、その特性を活用する考えかもしれない。
ビルラーの指輪にはシェリルのイヤリングと同種の宝石、フォールドクオーツ
度々登場するこの宝石はバジュラの産物か?

アルトらS.M.Sパイロットたちはバジュラの死骸を回収
目的は不明。ミーナは研究用、ラムは食用と憶測するが…。
オーナーの意向だとすればフォールド機関にリサイクル?

美星学園へ登校するアルト、ミシェル、ルカ。激戦で色々あったが、何事もなかったかのようにみんな元気だ。
ランカにボディガードのブレラが付き添い。女生徒の注目の的に。
アルトは邪魔をされ続けているブレラに喧嘩を吹っ掛けるが、ヒュドラ殺しの強者が相手では、案の定軽く取り押さえられる。
噛ませ犬のようなアルト。女生徒の間でブレラの株上昇。
ブレラサイボーグだということは周知の事実らしい。
ルカは下ネタを言ってナナセを赤面させる。他に話したいことがあるはず。何やってるんだか。

国家プロジェクトに抜擢され脚光を浴びるランカだが一部の人に影を落とす。
マネージャーがライバルに肩入れしていることにシェリルはショックを受ける。
看板スターを引き抜きされたエルモは自棄酒。

使命の重責に不安げなランカグレイスは力試しの場を用意。
やっぱり信じられない?なら試してみましょう。あなたが本当に人々の希望の光になれるかどうか。その歌を使って
セカンドシングル「アイモ O.C.」レコーディング♪
ランカブレラにグリフィスパークで会ったときハーモニカ演奏していたことを尋ねる。
どうしてあの歌を?
二人の関係の核心に迫るかと思ったが、極秘事項として口を割らず。

アルトは病院を抜け出した意識朦朧のシェリルを保護しS.M.Sの自室に連れ込む。
気持ちが噛み合わないカップル。良いムードになりそうでならない。
緊急召集。スカル小隊極秘任務ランカを使った実験の護衛。

出動するマクロス・クォーターメサイアクァドラン・レア
カナリアが操縦するVB-6 ケーニッヒモンスターランカは搭乗。
新統合軍のギャラクシー特別派遣部隊VF-27の小隊合流。小隊長はブレラ

シェリルはマクロス・クォーターのブリッジに侵入。
色仕掛けでセキュリティを突破。プライドがあるんだか、ないんだか。
実験の見届けをジェフリー艦長に嘆願し許可を得る。

ランカ・アタック始動。
オズマの指示でスカル小隊が巣を先制攻撃しバジュラをあぶり出す。
ランカアイモ O.C.」独唱♪
歌が発するフォールド波の影響でバジュラの活動に変化が起こる。攻撃が止まる
実験成功!
効果を確認したブレラはバジュラの掃討へ。スカル小隊も追随。

戦場のグロい光景を目の当たりにしてランカは動揺。
状況を見据えながらグレイスを計略をめぐらす。
感情指数が、やはりまだまだ調教が必要ね。
グレイスの目的はバジュラを統率する女王の育成か?
バジュラを沈静化させるだけでなく、凶暴化させたり、自在にコントロールできるレベルを目指しているのだろうか?

モンスターが攻撃再開したバジュラの標的になりピンチ!
アルトは助けに向かうが…。
ブレラはアルトを邪魔扱いしバジュラを撃破。ランカを救う。
前にも言ったはずだ。お前はあの子にふさわしくない。ランカは俺が守る。
またもやブレラに美味しいところを持って行かれるアルト。屈辱的。

予想外の成果にハワード大統領は勝利を確信。
よし、勝てる。これで勝てるぞ我々は
毎度のことレオンの思惑通りに踊らされている。
ボビーらクルーはランカを絶賛。
ランカちゃん、胸を張って。今やあなたはわたしたちの希望の歌姫。

勝ち組のランカ&ブレラ、負け組のシェリル&アルト。 ここしばらく続いている形勢が逆転するときは来るのか?

次回 #17 グッバイ・シスター
オズマとランカの別れを予感させるが…。
死に別れ?生き別れ?それとも実の兄でないことを明かすのか?

リンク
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ
スポンサーサイト

テーマ:マクロスF - ジャンル:アニメ・コミック

マクロスF #15

捨て駒と切り札
マクロスF(フロンティア)
#15 ロスト・ピース

前半はグレイスがプロジェクトの経過を報告、後半は三角関係の三者が思い出を振り返る、総集編+α。
次のフェーズに向けた陰謀者たちの動きもあり。

グレイスは謎を明かしたような深めたような。
老人、中年、青年、少女ら複数の人格が機械のボディを共有?
バジュラフロンティア船団誘導したのは彼女らの作戦通り。
S.M.Sの軍事力とVF-25の性能が誤算だったらしい。
レオンはグレイスに偽情報をリークしたのだろうか。

ミシェルは入院ベッドでクランのあ~んして♥にタジタジ。
意識不明の重体かと思いきや、大したことなさそう。
グレイスの隠密行動に気付きそうな存在だが、今後どう動くか。

グレイスシェリルを休業させる。
ランカに利用価値を見出してお役御免なのか、それともシェリルの歌は野望を果たす上で邪魔なのか。

キャシーオズマはVF-27の情報を隠蔽していたレオンに疑念を抱く。
不可解な言動の放任はいい加減にして、そろそろ暴いていって欲しい。

シェリルアルトのお見舞いに乙女心をときめかせるが、ランカ同伴で心中複雑。
病院を抜け出し街中でアルトにアピって歌合戦勃発。
シェリル VS ランカ!
人気スターが人目をはばからずの奪い合い。
少し前なら気後れしたはずのランカが対抗意識剥き出し。

政府はランカのためにプロジェクトチームを発足。
レオンはランカを戦争に利用する腹積もり。
それは君が、君の歌が、バジュラに対する切り札になるかもしれないからさ。
プロジェクトリーダーグレイスボディガードブレラ
陰で繋がっていた連中が表立って活動を共にする。
レオンとグレイスの目的は同じなのか?騙し合いをしているようにも感じるが…。
グレイスがブレラを“王子”と呼んだのが意味あり気。やっぱりランカの兄なのか?

アルトS.M.Sオーナーリチャード・ビルラーに呼び出され面会。
オズマに機密厳守の念を押された要注意人物は怪しげな風貌のゼントラーディ。
軍事産業で金儲けするためにグレイスやレオンと裏取引していそう。

ルカは?まさか帰って来れなかった?

ギャラクシーは健在!?
人間は全滅していてグレイスのような存在だけが残っているのだろうか?

次回 #16 ランカ・アタック
密着行動するようになったランカとブレラ。二人の過去は明かされるか?

リンク
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ

テーマ:マクロスF - ジャンル:アニメ・コミック

マクロスF #14

形象?警鐘?継承?
マクロスF(フロンティア)
#14 マザーズ・ララバイ

バジュラの大群襲来。マクロス・フロンティアは危機に瀕する。
出動前にルカナナセへ告白を決意。
帰ってきたらお話したいことがあります。
まるで死亡フラグのパターン。

新統合軍とS.M.S部隊は戦闘配備。
マクロス・クォーターは最終防衛線として迎え撃つべくトランスフォーメーション
ピクシー小隊のクラン、ネネ、ララミア、スカル小隊のオズマ、カナリア、ルカらは各機でスタンバイ。不在のミシェルとアルトを除き総動員の出撃体勢。
ルカRVF-25ゴースト(無人戦闘機)の“シモン”、“ヨハネ”、“ペテロ”を従え攻撃開始。

ガリア4で危うく難を逃れたアルトは戦闘機にL.A.I製フォールドブースターを装着。
ミシェル、シェリル、おまえたちの残してくれた力、受け取ったよ。
ランカを救うためフロンティアへ向かってフォールド。

フロンティア船団一帯では各所で交戦状態。
VF-171(ダイヤモンドリーダー)はピンポイントバリアパンチでバジュラ(小)を撃破。
スーパーロボット的で見事な活躍。

VF-25Gはバジュラ母艦とはぐれ、中の二人は気絶していた。
シェリルは意識を取り戻し、戦火のフロンティアを目にする。ダメージの大きいミシェルに代わり操縦桿を握る。
授業を思い出して。大丈夫。やれるわ、わたしは。わたしはシェリルよ!
精一杯操縦するが敵弾を食らい機体大破、緊急脱出。
苦いパイロット実戦デビュー。

シェリルのフォローに向かうルカだがバジュラ群に囲まれ大ピンチ!
ナナセさん」未練を残してこの世を去る…
寸前のところでVF-25Fが敵を一掃。九死に一生を得る。
アルトは到着するなり主人公パワー全開。

アルトとルカは各々ガウォークでシェリルとミシェルを手に握り保護。マクロス・クォーターへ帰還。
ミシェルはグッタリしたまま。具合がかなり悪そう。

フロンティア後方に多数のバジュラを統率する超大型空母デフォールド。奇襲攻撃。
フロンティア居住区被災。
今まで戦っていたのは陽動部隊に過ぎなかった。
あのです。バジュラとは思えないほど組織だった攻撃。なら指令を出している者がいるはずです。
レオン進言を受けてハワード大統領は敵主力部隊に総攻撃を決断。全軍に反応弾使用許可。

アルトバジュラ母艦にいるランカの救出を志願。
メサイアアーマードパック反応弾を装備。
シェリルはアルトを心配。
アルト。絶対無事に帰って来るのよ。死なないって約束して。
見送りのキスでもするかと思ったが、ヘルメットと窓で遮断された。

新たな目標に向かって出撃するS.M.S部隊。
オズマはアルトに激を入れランカを託す。「ランカに万一のことがあったら俺は貴様をぶっ殺すぞ。
アルトは接近する敵に反応弾アタック!一挙粉砕。

過激化する戦いを見てランカは胸を痛ませる。「やめて。もうやめてよ。こんなこと
超感覚で捉えたイメージか?精霊のように現れたランシェ・メイのお告げを聞く。「伝えたいの。わたしたちは、あなたたちに
母の子守唄「アイモ」を聴き、自らも歌い始める。
ランカの母はバジュラの精?司令塔?
後継者としてランカにバジュラの幼虫が授けられているような感じ。
シェリルのイヤリングと同種の宝石がバジュラと関係ありそうな点も気になる。

ランカの気持ちとは裏腹に争いはエスカレートする一方。
バジュラ(大)ビームでピクシー小隊のクァドラン・レアは木端微塵。犠牲者はララミア
惨状を乗り越えアルトは猛攻をかわし空母を目指してまっしぐらに突撃。
平凡なパイロットでしかなかったアルトの成長にオズマは驚嘆。見惚れたルカは地味に被弾し戦線離脱。
折角繋ぎ止めた命、深追いしない方が無難。

バジュラ母艦を目前にし、アルトバトロイド肩部脚部からミサイル乱射!突破口を開く。
VF-27は素早く内部へ先行突入。アルトを出し抜きブレラランカが収容されたカプセルを刈り取る。
後塵を拝したアルトバトロイド胸部からバジュラ中枢へマイクロミサイル一斉発射。
ランカを保護したブレラはフロンティアの味方に付く。
マクロス・ギャラクシー、アンタレス小隊所属、ブレラ・スターン少佐よりフロンティア全軍に告ぐ。敵母艦内より人質を救出した。
これよりフロンティア船団を援護する。
この行動はランカに特別な想いを寄せるブレラの独断か?

マクロス・クォーターマクロスキャノン重量子反応砲”でバジュラ母艦を撃破!
指揮系統を失いバジュラの陣形は崩れ、個々に敗走開始。
フロンティア軍は反応弾を撃ちまくりバジュラを殲滅。

仰々しい装置の中でグレイスは復活!状況を把握しているらしくランカに着目。
まさか、この娘が、リトルクイーンとは
今までと同じ個体なのか世代交代したのかは不明だが、真相をうやむやにしたままトンズラされずにほっとした。
彼女の目的はバジュラ撲滅?バジュラを利用したフロンティア壊滅?

戦いの果てを見たランカは無意識に泣く。なんらかの関わりのあるバジュラへの哀れみからか。
バジュラを率いるラスボスになりかねない状況だが、どうなることか。

次回 #15 ロスト・ピース
無事に帰って来たランカの積極的なアプローチにアルトはタジタジ?
何食わぬ顔でグレイスはシェリルのマネージャーを続行。シェリルの身が心配。

リンク
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ

テーマ:マクロスF - ジャンル:アニメ・コミック

マクロスF #13

フルスロットル
マクロスF(フロンティア)
#13 メモリー・オブ・グローバル

話の進行速度が激変。焦れる程の徐行から急加速。ガリア4に置いてきぼりにされた気分。
佳境に入るはずが、謎だらけで珍紛漢紛。

的確に解釈できなかった。浅く捉えた概要はこんな感じ。
ランカ行方不明(ボットン便所に落ちた?)。アルト、ランカを捜索。
ランカを巡ってアルト、バジュラ、ブレラ三つ巴。バジュラ、ランカをさらう。
マクロス崩落。バジュラ母艦出現。
ミシェル&シェリル、アルトを援護。
グレイス自爆。
バジュラ母艦フォールド。ミシェル&シェリル追跡。
ガリア4壊滅。アルト、全速で脱出。

理解できなかった大きな謎

グレイスとは何者?
使い捨て(量産型?)スパイロボット?
真の黒幕は?レオンと密会した人物は実体なのか?
バジュラとの関係は?
どこまでが策略通りだったのか?

第1世代型マクロス艦とは何?
リン・ミンメイの時代のマクロスかと思っていたが…。
ランカが生き残っていた船団?
バジュラ母艦の擬態した姿?

ランカとブレラの謎に関しては今後の解明に期待。

次回 #14 マザーズ・ララバイ
ルカも出動。

リンク
にほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへ

テーマ:マクロスF - ジャンル:アニメ・コミック

マクロスF #12

代打逆転タイムリー
マクロスF(フロンティア)
#12 ファステスト・デリバリー
ネタバレ注意!

マクロスシリーズの原点、超時空要塞マクロスにいたようなゼントラーディが登場。
先進的なビジュアルの中に80年代アニメのテイストが溶け込んでいる。
【“マクロスF #12”の続きを読む】

テーマ:マクロスF - ジャンル:アニメ・コミック

マクロスF #11

三択 歌舞伎か逢い引きか飛ぶ気か
マクロスF(フロンティア)
#11 ミッシング・バースデー

誕生日間近のアルトを巡るランカとシェリルの恋愛ストーリー。
映画でのブレイクを機にランカは幸薄から脱却なるか?

サービスシーン(シェリルやナナセのスク水、シェリルの下着姿、キャシーとクランのシャワーなど)は豊富だが、バトルアクションシーンは皆無。
マクロスの魅力はメカバトルだけではないが、対バジュラに関して進捗が停滞気味でじれったい。
【“マクロスF #11”の続きを読む】

テーマ:マクロスF - ジャンル:アニメ・コミック

マクロスF #10

レボリューション
マクロスF(フロンティア)
#10 レジェンド・オブ・ゼロ
ネタバレ注意!

マクロスゼロの伝説を劇中映画化。
今回はその映画を通してのアイドルスターサクセスストーリー。
【“マクロスF #10”の続きを読む】

テーマ:マクロスF - ジャンル:アニメ・コミック

マクロスF #09

“ミハエル”→“ミシェル”
マクロスF(フロンティア)
#09 フレンドリー・ファイア
ネタバレ注意!

今回はロボットアニメだ。
ミハエルと姉の狙撃に関するエピソード。
【“マクロスF #09”の続きを読む】

テーマ:マクロスF - ジャンル:アニメ・コミック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。